検索
  • sasai2gou

ワンマンバンドと足長。


ワンマンバンドが一回なんとか形になって、こうすればステージ成り立つなというのが何となく見えて来た時期があった。

こうすればいいってものばかりやるようになった。

同じようなしゃべりをして、こうしてこう、困ったときはこれ。そんな風になっていた。

かといって、続けて続けて、落ちが解っていても笑う、ドリフの円熟されたコントみたいになるかといったら、多分、違った。

で、ワンマンバンドやりながら、他のことをやってみた。

足長の芸は最初、足が長いってだけで何にも出来ず、不安だったけど、自由だなぁと思った。

いままで、ステージでギター持っていたら、ギター弾かなければいけないっていうあたりまえ。それが強かった。

でも、実は、ギター弾かなくてもいい。誰も強制してない。

そんなことに気づいたのです。

そういう自由さを笑ってもらえればなぁと考えています。


2回の閲覧